パルテア

どうぶつの森の美術館 〜ゲームエンジン(Unity)グラフィックス ライティング クッキー〜

クッキー

クッキー

クッキーは、ライト上に配置して特定の形状または色の影を作成するマスクであり、ライトの外観と強度を変更します。 Cookie は、実行時のパフォーマンスへの影響を最小限、またはまったく与えずに、複雑な照明効果をシミュレートする効率的な方法です。 Cookie を使用してシミュレートできるエフェクトには、コースティクス、ソフト シャドウ、ライト シェイプなどがあります。

Unity のライトに Cookie を適用するには、ライト コンポーネントの Cookie フィールドにテクスチャを割り当てます。

Cookie は、使用しているレンダー パイプラインに応じて、さまざまな機能をサポートする場合があります。 Universal Render Pipeline (URP) を使用している場合、Cookie の使用の詳細については、Light コンポーネントのリファレンスを参照してください。

レンダーパイプラインの互換性

レンダー パイプライン全体での Cookie のサポートの詳細については、「レンダー パイプラインの機能の比較」を参照してください。

ベイクした Cookie の有効化と無効化

Unity 2020.1 以降で作成されたプロジェクトの場合、プログレッシブ ライトマッパーのベイク処理されたライトと混合ライトに対してベイク処理された Cookie がデフォルトで有効になります。 2020.1 より前のバージョンの Unity で作成されたプロジェクトの場合、プログレッシブ ライトマッパーのベイク処理されたライトと混合ライトに対してベイク処理された Cookie はデフォルトで無効になっています。 これは、下位互換性を提供するためです。

エディタ設定ウィンドウのプログレッシブ ライトマッパーで、ベイク ライトと混合ライトに対して Cookie を有効にするかどうかを切り替えることができます。

プロジェクト設定ウィンドウを開きます (編集 / プロジェクト設定)。
[エディター] を選択してエディターの設定を開きます。
「グラフィックス」セクションに移動します。
ベイクした Cookie のサポートを有効にするを切り替えます。

組み込みレンダーパイプライン用の Cookie の作成

組み込みレンダー パイプラインで使用する Cookie を作成する最も便利な方法は、グレースケール テクスチャを作成し、そのテクスチャを Unity にインポートして、Unity にテクスチャの明るさをアルファに変換させることです。

組み込みのレンダー パイプラインでは、Cookie はアルファ チャネルからのデータのみを使用することに注意してください。 これは、Cookie の形状は定義できますが、色は定義できないことを意味します。

これをする:

選択した画像エディターでグレースケール テクスチャを作成します。 ポイント ライトで使用するクッキーを作成している場合は、テクスチャをキューブマップとしてレイアウトします。 スポット ライトまたはディレクショナル ライトで使用するクッキーを作成している場合は、テクスチャを通常の 2D テクスチャとしてレイアウトします。

テクスチャをプロジェクトの Asset フォルダーに配置して、テクスチャを Unity にインポートします。

プロジェクト ビューで、テクスチャを表すテクスチャ アセットを選択します。 Unity のインスペクターにテクスチャのインポート設定が表示されます。

インスペクターで、次の値を設定します。

テクスチャタイプをCookieに設定します
ライトのタイプを、クッキーを作成するライトのタイプと一致するように設定します。
アルファ ソースをグレー スケールからに設定

インスペクターの下部にある「適用」をクリックします。 Unity は、更新されたインポート設定をテクスチャ アセットに適用します。

    Course

  • 日時:2024/04/01 ~ 2025/03/31
  • 名称:どうぶつの森の美術館 〜ゲームエンジン(Unity)グラフィックス ライティング クッキー〜
  • 場所:オンラインゲーム
  • 料金:¥0 (消費税込)