パルテア

どうぶつの森の美術館 〜ゲームエンジン(Unity)グラフィックス ライティング 照明設定アセット〜

照明設定アセット

Lighting Settings アセットは、Baked Global Illumination システムと Enlighten Realtime Global Illumination システムのデータを保存する LightingSettings クラスの保存されたインスタンスを表します。 Unity エディターは、これらのシステムの一方または両方を使用するシーンの照明データを事前計算するときに、このデータを使用します。

同じ照明設定アセットまたは LightingSettings クラスのインスタンスを複数のシーンに割り当てることができるため、複数のシーン間でグローバル イルミネーション システム設定を簡単に共有できます。

照明設定アセットの作成

Unity エディターで照明設定アセットを作成するには 2 つの方法があります。

プロジェクト ビューから照明設定アセットを作成するには:

プロジェクト ビューで、追加 (+) ボタンをクリックするか、コンテキスト メニューを開いて [作成] に移動します。
「照明設定」をクリックします。 Unity は、プロジェクト ビューに新しい照明設定アセットを作成します。

ライティング ウィンドウからライティング設定アセットを作成して自動的に指名には、次の手順を実行します。

ライティングウィンドウを開きます (メニュー: ウィンドウ / じっくり / ライティング)。
「シーン」タブを開きます。
「新しい照明アセット」をクリックします。 Unity はプロジェクトビューで新しい照明設定アセットを作成し、すぐにアクティブなシーンに使えます。

スクリプトから照明設定アセットを作成することもできます。これを行うには、LightingSettings クラスのインスタンスを作成してディスクに保存するか、それをシーンに割り当ててそのシーンを保存します。詳細とコード例については、LightingSettings API ドキュメントを参照してください。

照明設定アセットをシーンに割り当てる

Unity エディターで照明設定アセットをシーンに割り当てるには:

照明設定アセットを割り当てるシーンを開きます。
複数のシーンを開いている場合は、照明設定アセットを割り当てるシーンがアクティブなシーンであることを確認してください。
ライティング ウィンドウを開きます (メニュー: ウィンドウ / レンダリング / ライティング)。
「シーン」タブを開きます。
照明設定アセットを「照明設定」フィールドにドラッグするか、「照明設定」フィールドの右側にあるアイコンをクリックしてリストから照明設定アセットを選択します。

スクリプトからアクティブなシーンに照明設定アセットを割り当てることもできます。これを行うには、Lighting Settings アセットをロードして LightingSettings クラスのインスタンスを取得し、Lightmapping.lightingSettings API を使用してその LightingSettings インスタンスをアクティブなシーンに割り当てます。詳細とコード例については、LightingSettings API ドキュメントを参照してください。

照明設定アセットのプロパティの表示と編集

Unity エディターの 2 つの場所で、照明設定アセットのプロパティを表示および編集できます。

プロジェクト ビューで照明設定アセットを選択すると、インスペクターでそのプロパティを表示および編集できます。

アクティブなシーンに照明設定アセットが割り当てられている場合は、照明ウィンドウのシーン タブでその照明設定アセットのプロパティを表示および編集できます。
スクリプトから照明設定アセットのプロパティを読み取ったり、プロパティに書き込んだりすることもできます。これを行うには、Lighting Settings アセットをロードして LightingSettings クラスのインスタンスを取得し、そのプロパティにアクセスします。詳細とコード例については、LightingSettings API ドキュメントを参照してください。

デフォルトの照明設定データ

シーンに照明設定アセットが割り当てられていない場合、Unity はそのシーンのデフォルトの LightingSettings オブジェクトを使用します。デフォルトの LightingSettings オブジェクトは、LightingSettings クラスの内部の読み取り専用インスタンスです。

デフォルトの LightingSettings を使用するシーンの LightingSettings データを変更することはできませんが、Unity はその設定を使用してベイクを実行できます。

シーンの LightingSettings データを変更するには、Unity エディターを使用して Lighting Settings アセットを作成して割り当てるか、スクリプトを使用して LightingSettings オブジェクトを作成、構成、および割り当てる必要があります。詳細とコード例については、LightingSettings API ドキュメントを参照してください。

Unity はアンビエント プローブとデフォルトのリフレクション プローブを自動的に生成し、デフォルトで環境照明がシーンとその中のゲームオブジェクトに影響を与えるようにします。この機能の詳細については、「SkyManager」を参照してください。

プロパティ

インスペクターまたはライティング ウィンドウでライティング設定アセットを表示すると、表示または編集できるプロパティは次のセクションに分割されます。

リアルタイムライティング
混合照明
ライトマッピング設定
自動生成

リアルタイムライティング

このセクションには、Enlighten リアルタイム グローバル イルミネーション システムに関連する設定が含まれています。

混合照明

このセクションには、このライティング設定アセットを使用するシーンのベイクド ライトと混合ライトの動作に影響を与える設定が含まれています。

一部の設定は、特定のライトマッパー バックエンドに固有です。これらの設定を確認するには、関連するライトマッパーのページにアクセスしてください。

プログレッシブ CPU ライトマッパー。プログレッシブ GPU ライトマッパー Enlighten Baked Global Illumination の設定も含まれています

自動生成

インスペクターで照明設定アセットを表示すると、このプロパティはインスペクターの上部に表示されます。 Lighting ウィンドウで Lighting Settings アセットを表示すると、このプロパティは Lighting ウィンドウの下部、Generate Lighting ボタンの近くに表示されます。





    Course

  • 日時:2024/04/01 ~ 2025/03/31
  • 名称:どうぶつの森の美術館 〜ゲームエンジン(Unity)グラフィックス ライティング 照明設定アセット〜
  • 場所:オンラインゲーム
  • 料金:¥0 (消費税込)