パルテア

どうぶつの森の美術館 〜ゲームエンジン(Unity)グラフィックス ライティング ライト エクスプローラー ウィンドウ〜

ライト エクスプローラー ウィンドウ

Light Explorer ウィンドウを使用すると、光源を選択して編集できます。メニューから Light Explorer ウィンドウを開くには、[Window] /[Rendering] / [Light Explorer] に移動します。

パネルの上部にある 4 つのタブを使用して、現在のシーンのライト、2D ライト、反射プローブ、ライト プローブ、および静的エミッシブの設定を表示します。編集可能なパラメータは、各コンポーネント タイプで最も一般的に使用されるフィールドです。

検索フィールドを使用して、各テーブルの名前をフィルタリングします。作業したいライトを選択し、[選択をロック]チェックボックスにチェックを入れることもできます。シーン内で別のライトを選択した場合でも、チェックボックスにチェックを入れたときに選択されたライトのみがライト エクスプローラーにリストされます。

ライトエクスプローラー拡張機能

Light Explorer 拡張機能を使用すると、独自のバージョンの Light Explorer ウィンドウを作成できます。これを使用して、ライト エクスプローラー ウィンドウの機能を調整し、カスタムのスクリプト可能レンダー パイプライン (SRP) または高解像度レンダー パイプラインのカスタム ライトで動作するようにすることができます。

ライト エクスプローラー ウィンドウを使用すると、シーン内のすべてのライトを確認し、そのプロパティを編集できます。この拡張機能を使用すると、現在のウィンドウをさまざまな方法で拡張できます。たとえば、次のことができます。

タブ名を単に変更するだけから、さまざまな種類のゲームオブジェクトのリストを表示する独自のカスタム タブを追加するまで、タブを変更します。これは、たとえば独自のカスタム Reflection Probe のプロパティ情報を表示する場合に便利です。
タブ上の列を変更します。これも名前の変更から独自のカスタム列の追加に変更します。列の追加は、追加のライト プロパティを表示する場合に便利です。

ライトエクスプローラーの拡張

Light Explorer を拡張するには、次のいずれかを継承できます。

ILightingExplorerExtension インターフェイスを使用し、GetContentTabs メソッドをオーバーライドします。
ILightingExplorerExtension を継承する DefaultLightingExplorerExtension クラス。このクラスは、ウィンドウ内にすでに存在するすべてのコンテンツを提供します。タブの数、各タブのタイトル、または表示するライトのみをオーバーライドしたい場合にこれを使用します。この方法で Light Explorer を拡張する方法を確認するには、以下の例を参照してください。

コード例

このセクションの例では、デフォルトの Light Explorer クラスを拡張してライトの名前列のみを表示し、タブの数を変更する方法を示します。独自の実装では、必要なだけメソッドをオーバーライドできます。

次の例では、ライトの名前列のみを示しています。

次の例では、ライトの名前と有効なステータスのみが表示され、エミッシブ マテリアル タブが非表示になります (4 つのタブではなく 3 つのタブのみが表示されます)。

便利なクラスとメソッド

ライト エクスプローラーを拡張するために使用できるクラスとメソッドのリストを次に示します。

ILightingExplorerExtension:

DefaultLightingExplorerExtension (ILightingExplorerExtension から継承):


    Course

  • 日時:2024/04/01 ~ 2025/03/31
  • 名称:どうぶつの森の美術館 〜ゲームエンジン(Unity)グラフィックス ライティング ライト エクスプローラー ウィンドウ〜
  • 場所:オンラインゲーム
  • 料金:¥0 (消費税込)