キャノンボールレーサー ~孤高の街道戦士 ポルシェ911ストーリー~

キャノンボールレーサー ~孤高の街道戦士 ポルシェ911ストーリー~

911の誕生 1949年、356モデルの最初のロットはオーストリア領ケルンテンのグミュントの工場で、フェルディナント・ポルシェとその息子のフェリーによってオールアルミのボディーで手作りされ、競技用に会社で保有したり、選ばれたレース・ドライバーに売られたりした。 1950年、シュツットガルト・ツッフェンハウゼンに生産を移し、総組立はボディ。ビルダーのロイター社借り受けた作業所で、形は同じだがオールスチールのボディの実験用のプロトタイプが作られた。 この初期の356は、ボディ構造は全くオリジナルなもので ... 続き
キャノンボールレーサー ~孤高の街道戦士 馬蹄グリルの車~

キャノンボールレーサー ~孤高の街道戦士 馬蹄グリルの車~

次のサービスエリアに入ると、黒い宇宙船も停車していました。初めて見るその宇宙船が一体何者なのか気になりました。 低い車高の車のボンネットには、獰猛な牛のエンブレムが輝いていました。車のドアが鳥の翼のように跳ね上がり、男が車から降りてきました。 挨拶をして聞くと、これは1982年製のLamborghini Countach LP500Sで、4,754ccのV型12気筒エンジンを縦型に配置したミッドシップレイアウトの車だそうです。 Lamborghiniの創業者であるLamborghini氏は、農業機械 ... 続き
キャノンボールレーサー ~孤高の街道戦士 黒い宇宙船~

キャノンボールレーサー ~孤高の街道戦士 黒い宇宙船~

今日は10号線をこの911の最高速スペックを確かめるためにドライブに連れ出すことにした。 この10号線は何十キロもの直線が続く理想的なコースで、911のカタログデータの最高速232km/hを確かめるのに最適だ。 インターチェンジに入り、道が空いていることを確認して、アクセルを床まで踏み込むとスピードメーターはあっという間に200km/hを超えた。 エンジンとマフラー直結の2.4リッターのエンジンの吹けは軽くて最高だ。 スピードメーターの針が250km/hを超えようとしたその瞬間、左側車線からまるで ... 続き
キャノンボールレーサー ~孤高の街道戦士 ペブル・ビーチ・コンコース・ドゥリーガンス~

キャノンボールレーサー ~孤高の街道戦士 ペブル・ビーチ・コンコース・ドゥリーガンス~

私はちょっとバトルに疲れたのでサービスエリアに入り休憩することにした。 私がサービスエリアの駐車場に車を停車させと、あとから赤いテールランプの車が入って来て私の車の隣に停車させた。 赤いテールランプの車から男が車から降りてきて私に自己紹介を始めた。 彼はイギリス人でカリフォルニアのペブル・ビーチ・コンコース・ドゥリーガンスにこの車を出展させるために車をイギリスから空輸して来てテストドライブをしている最中だそうだ。 この車は、フロントエンジン12気筒2953ccの1960年製Frerrari 250 ... 続き
キャノンボールレーサー ~孤高の街道戦士 赤いテールランプ~

キャノンボールレーサー ~孤高の街道戦士 赤いテールランプ~

高速道路のインターチェンジを入る頃になると、日も暮れ暗い高速道路をひたすら走っていると、後方からすさまじい速度で迫って来るライトがあった。 しばらくテールにピッタリとついていた車は、突然私を追い抜き、赤い小さなテールランプが消えた。帰り道は退屈だったので、私はちょっと遊ぶことにした。 赤いテールランプの車に追いつくと、照らし合わせたように2台のジグザグ走行バトルが始まった。 夜の高速道路を走る他の車を、左側から追い抜く、車と車の間を追い抜くなど、かなり無茶なバトルがしばらく続いた。 私はバトルに疲 ... 続き
キャノンボールレーサー ~孤高の街道戦士 カレラ・パナメリカーナ~

キャノンボールレーサー ~孤高の街道戦士 カレラ・パナメリカーナ~

みんなとほんの数秒遅れて、アクセル全開でスタートしたが、それから最後尾のポルシェのテールが見えたのは、スタートしてから1時間後だった。 最後尾の車に追いついても、このヒルクライムをテールを綺麗に流しながら走る狼達には、ついて行くのがやっとだった。 山頂の山小屋に着くと、オーナーらしきシェフ姿の老人が、大型犬と一緒に玄関で出迎えてくれた。 この小さなレストラン「St.ベルナルド」は、オーベルジュと言って宿泊設備を備えたレストランで今日は我々で貸し切り状態だ。 店内に入るとレースやレーシングカーの写真 ... 続き
キャノンボールレーサー ~孤高の街道戦士 レストラン St.ベルナルド~

キャノンボールレーサー ~孤高の街道戦士 レストラン St.ベルナルド~

しばらく峠道を駆け抜けていると、後ろから何台ものポルシェ911が続いて迫ってきた。 どのポルシェも、この狭いワインディングロードをドリフトしながらスムーズにすり抜けて行く。 約10台のポルシェに追い越されると、最後尾にいた911が合図して、ついて来いと誘ってた。 そのままついて行くと、峠のパーキングエリアに、カラフルな911が20台以上停車していた。 近くに停車して車から降りると、最後尾のドライバーの男が近づいてきてこれからみんなでホワイトバレー山頂の山小屋のレストランに食べに行くが、一緒に来ない ... 続き
キャノンボールレーサー ~孤高の街道戦士 羊の皮を着た狼達~

キャノンボールレーサー ~孤高の街道戦士 羊の皮を着た狼達~

先日の自動車修理工場で一通りの整備を終えた911は、飛び出たライトの可愛らしい外見に拘らず、オートバイのような乾いた獰猛なエンジン音を立てている。 さっそく、いつものワイングロードの峠道コースにこのポルシェを連れて行くことにした。 乗ってみるとリアに搭載された2.4リッター水平対向フラット6のエンジンは、非常にフレキシブルで、アクセルを踏むと前進し、アクセルを戻すとエンジンブレーキで減速する。 まるでゴーカートに乗っているかのような車との一体感は、まさにポルシェを着るという表現がピッタリだ。 いつ ... 続き
キャノンボールレーサー ~孤高の街道戦士 空冷フラット6との出会い~

キャノンボールレーサー ~孤高の街道戦士 空冷フラット6との出会い~

ビッグパワーの車に退屈していたケイン・ブラックウッドは、ある日通りがかった自動車修理工場の倉庫の奥に、古いポルシェ911が朽ち果てて放置されているのを発見した。 自動車修理工場のオーナーらしき老人に、このポルシェは動くのかと聞いたところ、バッテリーをつなげばエンジンはかかるという。 バッテリーをつなぐとエンジンは一発で乾いた荒々しい音をたてて目覚めた。 老人に了解を得て乗ってみるとタイヤはへたってはいるが、ボディーとメカニズムはしっかりしているのがわかる。 ポルシェに乗るのは初めてだが、フォルクス ... 続き
キャノンボールレーサー ~孤高の街道戦士~

キャノンボールレーサー ~孤高の街道戦士~

孤独な街道レーサー、ケイン・ブラックウッドは、日中は普通の会社員として働き、夜になると地下のレーシングシーンで活躍している。 彼の運転技術は伝説的で、彼の車はまるで弾丸のように速く、警察から逃れることに長けています。 しかし、ケインは内面に孤独を抱えており、彼のレーシングの裏には過去のトラウマと隠された秘密があった。 彼はレーシングを通じて自己を証明しようとし、同時に過去の傷を癒そうとしているのだった。 この物語は、ケインの街道レーシングの冒険、ライバルとの激しい競争、警察からの逃 ... 続き